しもざわ鍼灸接骨院グループ佐渡の気まぐれブログ

近づく冬の時期、注意するものとその対策(佐渡市のひだまり接骨院、しもざわ鍼灸接骨院、Refaire佐渡、セルケア美容整体サロン)

2019年11月4日

こんにちは!

 

11月に入り、いよいよ冬が近づいてきましたね!

 

冬といえば積雪量や降り始める時期が気になりますね、、

 

単純に冷える事で痛みが増し、来院される方も増えますが、同時に増えるのが交通事故です。

 

雪や道路の凍結でハンドルを取られて発生することの多い事故。

さらに、日が暮れる時間が早まる事で安全確認が難しくなり、発生する場合もあります。

 

早めのライト点灯や、スピードには十分注意しなければなりませんね!

 

それでも、不運にも事故に遭ってしまう可能性はあります。

 

実際に事故にあってしまうと、日常あり得ない大きな衝撃を受けるため、

思っているよりも体に大きな衝撃がかかります。

 

・首から肩、背中が痛む

・腕、指先に痺れがある

・頭痛、めまい、吐き気を強く感じる

 

このような症状(むち打ち症状)がみられます。

実はこの症状は病院でも接骨院でも治療が可能なんです!

 

同じ症状の治療でも、どのような違いがあるのでしょうか?

 

【病院での治療の場合】

交通事故に遭った際にはまず病院で検査、治療を受けると思います。

病院はレントゲンなど、しっかりとした設備で体の中の傷をしっかり検査する事が可能です。

 

しかし、治療のほとんどが痛み止めと湿布を貰うだけの処置になることが多いです。

 

理由は、むち打ち症状は骨の損傷がなく、レントゲンでは異常がみられないからです。

 

異常が見られないから十分な治療が受けられない。

 

それでは頭痛やめまい、首から肩にかけての痛みや痺れは改善されません。

それではどこを治療したら改善するのでしょうか?

 

実は、むち打ちで損傷を受けているところは筋肉や靭帯などのレントゲンには写らない部分なんです!

損傷を受けた部分を治療しないと、症状は改善されません。

 

【接骨院での治療の場合】

接骨院では、損傷を受けた筋肉や靭帯に対して直接治療する事で症状を改善させます!

 

実際に検査をして、損傷を受けた靭帯や負担のかかっている筋肉を手技を用いて緩め、

筋肉の大きな損傷や強い炎症を抑える超音波治療をする事で症状を改善させます!

 

むち打ち症状は日によって体調が激しく上下しやすいことも特徴です。

痛み止めと湿布を貰って

「1ヶ月後にまた様子を見せてください」

 

このペースでは痛みが強い日はただ薬を飲んで痛みが引くまで我慢するしかないというのことが起きてしまいます。

 

接骨院では患者様の症状、体調に合わせて通院ペースを決めることができます!

実際通われている患者様の中に、痛み止めを飲んでも良くならないと訴える方も多いです。

今の症状を改善するために自分の症状に合った治療を受けられる治療院を選ぶことができます!

 

・事故後に何もしていなくても痛みや痺れが出る

・頭痛やめまいが常にある

・天候によって体調崩れてしまう

 

もし身の回りでこのような症状にお困りの方がいらっしゃいましたら当グループにご相談ください!

佐渡市 しもざわ鍼灸接骨院グループ お問い合わせ

佐渡市しもざわ鍼灸接骨院グループ予約・問合せ

佐渡市 しもざわ鍼灸接骨院グループ facebook

ページのトップへ